iDeCoって何?誰でも出来る老後のための資産運用

2017年1月から新たに生まれ変わった、個人型拠出年金が、iDeCoです。
誰でも出来る老後のための資産運用として注目されていますが、iDeCoとは一体何なのでしょうか。
老後を踏まえて、資産をどのように活用するかを決めるのにiDeCoの情報を参考にして下さい。

iDeCoって何?

iDeCoというのは、節税をしながら、老後のための資金を積み立てていける仕組みのことです。
個人型確定拠出年金と呼ばれる場合もあります。

今までにも個人型拠出年金はありましたが、加入できる人が限られていました。
専業主婦だったり公務員だったりすると、以前の個人型拠出年金に加入出来ませんでした。
しかしiDeCoであれば、60歳未満なら誰でも加入することが可能です。

毎月決めた金額を積み立てていき、60歳を超えた時点で、積み立てたお金を受け取っていくシステムとなっています。
どれくらいのお金を積み立てるかは、自分で決められます。
積み立てる金額は、毎年一回だけ変更出来るので無理の無い金額にするようにしましょう。

iDeCoで節税できるの?

20代や30代であっても、iDeCoを始めることによって節税対策が出来ます。
iDeCoをやることで大きな利益を得ることは期待できませんが、投資信託や定期預金などを上手に運用できるため注目されています。

通常の投資信託だけをしていても税金が減るケースはほとんどありませんが、iDeCoなら資金運用をしながら節税が出来ます。
年収が多ければ多いほど、節税効果が高くなります。
数百万円の年収があれば、数万円から数十万円の節税がiDeCoによって可能になるのです。

iDeCoのメリットとは?

iDeCoのメリットは節税効果ですが、どうして節税が出来るのでしょうか。
毎月の積立金が所得控除の対象になるからです。
積立金が多ければ多いほど、所得税や住民税をしっかりと減らしていけます。

iDeCoを運用しているときに売却して利益を出したり、分配金を受け取ったりしても、その部分が非課税となるのもメリットです。
税金として払うはずのお金を減らし、尚且つ利益はしっかりと100%手元に来るのがiDeCoのメリットなのです。

60歳になったときに、一時金を受けとろうとすると退職所得控除が受けられます。
一時金では無く、年金を選択すると、公的年金等控除を受けることも出来るのでお得です。

iDeCoとは新しく生まれ変わった、個人型拠出年金を意味しています。
誰でも出来る老後のための資産運用ですが、節税効果が高いのがメリットです。
若い人にもメリットがありますので、有力な資産運用の手段になって行きそうですね。