iDeCoの掛け金は解約して引き出すことができないの?

iDeCoには税金対策が出来る魅力がありますが、加入する前に知っておくべきポイントがあります。
それは毎月の掛け金を、途中で解約して引き出すことが出来るかどうかという点です。
仕事が無くなったり災害に遭ったりしたときに、掛け金を引き出せるのかどうかを調べてみました。

iDeCoの掛け金は途中で引き出せる?

iDeCoは基本的には、途中で掛け金を引き出すことは出来ません。
個人型確定拠出年金であるiDeCoは、公的年金を保管する目的で作られた制度です。
そのために、普通の定期預金などと違って、使用目的が年金に限られています。
年金のための積み立てなので、60歳になるまでは引き出すことが出来ません。
60歳になる前に、子供の学校のための費用や家を買うための費用に積立金を充てられないのです。

しかし、iDeCoに加入したとしても途中で解約することは出来ます。
注意したいのは、一般的な企業の年金制度のように途中で解約しても、年金資産が手元に戻って来ないという点です。
途中で解約をしたら、年金資産はすぐには返ってこないと考えて下さい。
年金資産を手にするには、幾つもの条件をクリアしなければいけないのです。

iDeCoは老後のための年金を積み立てるという目的がはっきりしているために、簡単に手を付けられない制度です。
その分、きちんと年金資金を積み立てていけるのが魅力となっています。

どうしても一時的に資金が必要になった場合は、持ち家の方に限りますが、リバースモーゲージという制度を利用することおすすめします。
リバースモーゲージとは、返済不要の不動産担保ローンのようなもので、原則として、死亡後に不動産を売却して一括返済します。
※より詳しい内容はこのサイトを参考にしてみてください。
iDeCoは途中解約しない前提で、月々無理のない積み立て計画を立てましょう。

脱退一時金の条件は何?

iDeCoを解約するときに、脱退一時金を受け取る条件はどのようなものでしょうか。
幾つか細かい条件がありますが、大まかな条件としては、iDeCoに3年以下の加入で個人口座に25万円以下の資産しか無い場合です。
企業型年金加入者の資格を無くしてから、2年が過ぎている必要もあります。

もし、個人の口座に残高が1万5千円以下しか無いときには、企業型年金の加入資格を失った後に、6ヶ月以内であれば脱退一時金を受け取れます。
個人型年金の加入者になっていない点も、条件の一つです。

災害に遭ったときでも、基本的にはiDeCoの資産を引き出すことは難しくなっています。
大規模な災害が起きたときには、政府による特別措置で、iDeCoの資産を引き出せると認められるケースもあります。
そのようなケースでも、資産が100万円以下で無くてはならないとか、引き出し請求期間が決められていたりします。

iDeCoの掛け金は解約して、簡単に引き出せる制度ではありません。
60歳までは、引き出しが出来ないと考えておきましょう。
災害などに遭ったとしても、引き出し条件が付けられるなど簡単には積立金を受け取れないような制度となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です