iDeCoを利用したサラリーマンのための節税対策とは?

iDeCoを利用したサラリーマンの節税対策について知っておくと、色々な面でメリットがあります。
働いて得たお給料をより多く受け取れますし、老後に使える資産を増やすことも可能です。
どのようにサラリーマンが、iDeCoを利用できるのか考えてみましょう。

サラリーマンがiDeCoを利用して節税するには?

サラリーマンがiDeCoを利用するときには、掛け金が全額所得控除になると覚えておいて下さい。
年収によって所得税が毎月引かれますが、iDeCoを利用していると一年間で引かれる税金の金額が減ります。

資産運用をしていると、一般的には預金の利息や運用益に、数十%の税金が掛かってきます。
iDeCoにはこの税金が掛からないので、資産運用としても魅力があります。

サラリーマンがiDeCoを使って節税をするときには、運用コストが低い投資信託を選ぶのも大切なポイントです。
iDeCoは資産の長期運用となるので、毎月の手数料が低いファンドを利用するようにしましょう。

年金を受け取るときも節税

iDeCoで積み立てた年金を受け取るときにも、節税対策が出来ます。
年金や退職金に税金は掛かる物ですが、iDeCoの積立金を一括で受け取るときに、退職所得控除を受けられるのです。
退職金に掛かる税金は低くなっているので、この税率がiDeCoの年金に適用されるのは、大きなメリットです。

iDeCoの年金を、ある期間に分けて受け取っていく場合も公的年金等控除を受けられます。
サラリーマンが年金生活になったときに、iDeCoならしっかりと節税対策が出来るのは嬉しいポイントです。

サラリーマンが覚えておきたい注意点

iDeCoで資産を運用していくときに覚えておきたい注意点は、金融機関が提供する投資信託や、定期預金などの商品の中から選ばなくてはいけない点です。
自分の好きな株などの投資と、iDeCoを組み合わせることが出来ません。
しかし多くの金融機関は幅広い投資商品を扱っていますので、問題なく資産運用の計画を立てられるでしょう。

iDeCoは投資の一つの方法なので、投資リスクがあります。
もちろん投資リスクが低い商品や、利益は小さいですが非常に安定した運用方法があるので安心しましょう。
iDeCoで資産を運用すると、60歳までは積立金額を引き出せない点を覚えておきましょう。
この縛りがあるので、しっかりと年金のための資産積み立てが出来るのは良い点です。

iDeCoを利用したサラリーマンの節税対策は、毎月の掛け金を使って所得控除を受け取る方法です。
毎年の所得控除だけでは無く、年金を受け取るときも、節税が出来るのはiDeCoのメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です