年金生活で余裕をもって過ごすにはどれくらいの資金が必要に?

年金生活で余裕を持って老後を過ごしたいというのは、誰もが願うことです。
老後のためにお金を貯めるように勧める記事や、余裕のある老後を送るためには、貯金が必要というアドバイスを聞くことがあります。
実際の所、幾らくらいの資金があれば、安心して老後を過ごせるのでしょうか。

年金生活をするには資金は幾ら必要?

年金生活を余裕を持って過ごしていくのに必要な資金は、個人の経済状況によって大きく変わります。
平均的な日本人の収入や退職金を考えると、3000万円くらいの資金が必要になるという見解が一般的です。
会社の退職金が2000万円ほどと考えると、プラス1000万円あれば、老後を安心して過ごせるという計算です。

具体的な内訳を見てみましょう。
年金生活になったときに毎月必要になる資金は、20万円から25万円ぐらいが平均的な数字です。
90歳くらいまで生きるとなると、年金分が7000万円、自分の貯金が3000万円で、これらの毎月の支出を賄えると考えられます。

ただし自営業の場合は、厚生年金や退職金などの制度が無いので、貯蓄額はさらに必要となるでしょう。
ある統計では自営業のケースでは、貯蓄額は6000万円ほど必要となっています。
大きな金額になりますが自営業のメリットは、60歳以降も仕事を続けていける可能性があることです。
老後も少しでも良いので働き続けていくなら、貯蓄額がもっと少なくても対応できるでしょう。

iDeCoに入っておいた方が良いの?

余裕を持って年金生活を送るための資金を、どのように今のうちから準備をしていけるでしょうか。
国民年金や厚生年金を活用する方法があります。
さらに、私的年金や生命保険を利用することも出来るでしょう。
最近は外資系の生命保険会社が色々な保険商品を活用しているので、公的年金にプラスして加入するのも一つの方法です。

公的な年金の新しい形として注目されているのが、iDeCoです。
iDeCoには税金面でのメリットがあるので、ただ定期預金をするよりも優れていると言えます。
通常の定期預金だと、少ない利息に税金が掛かって利益がほとんど出ないケースがあります。
iDeCoだと利息も利益分も非課税なので、利益をしっかりと出せるのです。
このiDeCoの制度は、定期預金だけで無く年金保険や投資信託と組み合わせて使用することが出来ます。

年金生活で余裕を持って過ごすには、3000万円くらいの貯蓄額が必要と考えられています。
老後のために資金を貯めるために、iDeCoなどの制度を活用していけるでしょう。
iDeCoは幾つもの資産運用商品と組み合わせられるので、貯蓄の方法の幅が広いのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です