個人事業主の年金におすすめのiDeCoの活用方法とは

個人事業主は、サラリーマンの厚生年金に比べると、老後の年金額が少なくなりがちです。
老後の資金は足りるのだろうかと心配になるかも知れませんが、iDeCoを上手に活用すると、その心配を軽くすることが出来るでしょう。
iDeCoをどのように活用したら、老後の生活を安心していけるのか解説します。

個人事業主がiDeCoを活用する方法

iDeCoを個人事業主が活用する方法は毎月の掛け金を上限にすることです。
このiDeCoの制度に加入できるのは、個人事業主に加えて、企業の従業員や法人経営者です。
さらに公務員や専業主婦なども、iDeCoに加入することが可能です。
しかしこれらの加入できる人たちの中で、個人事業主が一番、毎月の掛け金の上限額が高く出来るのです。

毎月の掛け金は非課税となるので、節税対策のためにiDeCoはかなり使える方法です。
個人事業主だけが毎月の掛け金を数万円まで掛けることが出来るので、それだけ年間の節税できる金額がアップします。
もし個人事業主がiDeCoを活用するなら、毎月の掛け金を上限にするのが上手な活用方法です。

お得にiDeCoを活用するには、金融機関を選ぶ際に口座管理手数料がゼロ円の所を選んで下さい。
iDeCoと組み合わせられる投資信託の商品も、手数料が低い商品を選ぶようにしましょう。
月々の手数料は微々たる出費だと感じるかも知れません。
しかし毎月の支出を少しでも減らせば60歳以降に受け取れる年金の額が、それだけ増えると覚えておいて下さい。

個人事業主がiDeCoを活用するメリット

個人事業主がiDeCoに加入すると、毎月の掛け金が所得控除されるだけでは無く、運用益も非課税となります。
iDeCoで運用した資金から利益を上げても、その利息が非課税なので、利益をそのまま運用に回すことが出来るのです。
資産運用の元手が少なくても、利益を100%そのまま受け取れるので、運用資産を順調に増やしていけます。
60歳を過ぎて、運用満期になり、積み立てたお金を受け取るときも、退職所得控除や公的年金等控除を受けられます。

iDeCoを運用していくと年間で数百万円の非課税の恩恵を受け、節税していけます。
基礎控除や青色申告特別控除、さらにiDeCoの所得控除を組み合わせられるのは、個人事業主にとって魅力です。

毎年の税金に頭を悩ませる個人事業主にとって、iDeCoは節税対策の大きな味方です。
ただ単に節税をするだけでは無く、老後のための資金の積み立てが出来るので、上手に活用して行きましょう。
iDeCoと国民年金の保険料の所得控除を合わせると、さらに節税効果が高くなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です